読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TimeMachine不調のその後

mac

今日も事象が再現してしまいました。

今朝、無事に復旧したNASの仮想ボリュームに対してバックアップが成功してたのに、帰ってきてから、スリープから復帰させて実行させるとまた「バックアップメディアがなんとかかんとか」(うろおぼえ)。

正直がっかり。



で、数時間無視した後に、ふと思いついてためしてみたら、なんか復活した模様。

$ mount
/dev/disk0s2 on / (hfs, local, journaled)
devfs on /dev (devfs, local)
fdesc on /dev (fdesc, union)
map -hosts on /net (autofs, automounted)
map auto_home on /home (autofs, automounted)
//xxxxx:139/share-xxxx on /Volumes/share-xxxx (smbfs, nodev, nosuid, mounted by xxxx)
//xxxxx:139/share-xxxx on /Volumes/share-xxxx-1 (smbfs, nodev, nosuid, mounted by xxxx)

と、マウント状況を確認してみたら、share-xxxx-1 という枝番がついたうさんくさいマウントエントリを発見。

$ sudo umount /Volumes/share-xxxx-1

で、TimeMachineを再度実行。



あれ?成功した・・・。



どうやら、失敗したときはマウント状態が微妙な感じになってるのか・・・?


そういえば、Finderの「共有」部分で、マウント状態表示になってないのに、mountではマウント状態になってたり、微妙にズレがあったりするけど、関係あるのかなぁ。


とりあえず、現状はバックアップとれてる状態らしい。


果たして明日スリープから復帰したときはどうなってるんだろうか・・・。