読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GrailsからMirageを使うサンプルがあったので試してみた

Mirageという2-way SQLが利用できる素敵なO/RマッパをGrailsで使ってみたというブログがあったので、サンプルコードを落として試してみました。

developmentモードでMySQL使うようになってたので、H2に変更してrun-appして試してみました。

確かにMirageでDB操作できている!

のですが、更新ボタン2回目を押すとuniqueエラーになるのでおかしいなと思ってみてみたら、insert.sqlファイル内に書いてあるINSERT文でIDがハードコードされてるのでそりゃ2回目は失敗しますね。idを省略して自動払い出しを期待して実行してみると、実行毎にレコードが追加できます。素晴らしい。

という感じで、コードを色々見ていたところ、気になる点が色々あったので、forkして自分好みに修正してみました。 コネクション・データソース・トランザクションまわりのための準備が煩雑だったので、その辺を重点的に頑張ってみました。これ、以外と難しくて一応うまく動いてるようだけどもそんなに自信ないです。たぶん大丈夫だと思うんだけど。 あと、テストもSpockで追加したり、もちろんimproxプラグインも追加したりして、かなり好き放題いじってます。 Grailsのバージョンも最新の2.2.2にあげちゃいました。

コミットログに日本語でゆるいコメントを残してるので何をしていったかはコミットログ参照のこと。コミットログとdiffみたらだいたい何やったか理解できるんじゃないかと。

HibernateのネイティブSQLやGroovy-SQLを使う方法で間に合うことも多いですが、2-way SQLを外部ファイルで指定できるのはSeasarの追っかけ的には嬉しいので、チャンスがあったら使ってみようかなぁ。GrailsConnectionProviderの件とかもあるのでプラグイン化も検討してみようかしら。

参考URL